日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
ドックライフアドバイス ドックライフアドバイス トップ
春です!狂犬病の予防接種にでかけましょう。
春は、愛犬にとって「狂犬病」の予防接種をする季節。今年も忘れずに接種しましょう。
国内では1957年以来発症を見てないものの、「狂犬病」は致死率100%で、人にも伝染する恐ろしい病気です。
市町村から、予防接種の通知が届きますか?
*生後3ヶ月以上の犬は、年1回の狂犬病ワクチン接種が「狂犬病予防法」という法律(1950年施行)
 で義務づけられています。
*接種料金は市町村によって異なりますが、だいたい3000円前後。(初めての犬は登録料も必要です)
狂犬病予防接種は動物病院でも受けられます。
市町村で指定した場所・日時に受けるもよし。かかりつけの動物病院でも、愛犬の健康状態をチェックしてもらいながら接種することもできます。
ほとんどの動物病院で通年接種OK。料金が市町村と同額の病院、登録も受付けてくれる病院もあります。
狂犬病以外の伝染病のワクチンも、毎年接種してますか?
伝染病のワクチン接種の効き目も徐々に薄れます。子犬時に接種した後も1年に1回のペースで継続的に行いましょう。
混合ワクチンなら1回で数種の伝染病に対応できます。
*予防伝染病については、「子犬のワクチネーション」参照。
 (フィラリアの予防ワクチンについては、次回解説します)
「愛犬のワクチン接種ノート」に、毎年の記録を残しておきましょう。
愛犬連れの宿泊にも、ペットホテルに預けるときも、「伝染病のワクチン接種」は必要条件。動物病院でワクチン接種状況を確認されることもあります。
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.