日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
ドックライフアドバイス しつけ index
PART1 犬と楽しく外出しましょう
PART1(1)犬の散歩、楽しんでいますか?
犬と散歩をするのが、苦痛でしようがない人はいませんか?犬はペットの中で唯一、あなたとともに外出を楽しむことができるペットです。こんな動物は世界中どこを探してもいません。だから犬と散歩ができるのは、飼い主の特権なのです。
1回目は、散歩が人にも犬にもすばらしい利点があることをご紹介したいと思います。
犬と歩けば、人は心も体も健康になります
不思議なことに、どんな人も犬と歩いていると、人間だけで歩いているより、「やさしい人」「安全な人」に映ります。歴代アメリカ大統領の宣伝用の家族写真では、必ずといっていいほど愛犬が写っているのも、こうした理由なのでしょう。 でも、そんな難しいことを持ち出す必要もなく、犬と散歩を楽しんでいる人なら、実感しているはずです。地域の人々と気軽に挨拶したり、犬を介した顔見知りの人々と声を掛合ったりがとても自然にできるということ。それに知らない人に愛犬が微笑まれたりすることで、あなたの心にやさしいうれしい気持ちが灯り、つい見知らぬ人と微笑みを交してしまうことも。
仕事で疲れている人、家事で忙しい人、お年寄りなどの介護で息が詰まりそうな人、閉じこもりがちの人などなど、日常に気分転換が必要な人が犬と散歩に出るとリフレッシュできることは、よく知られていますね。
そう。犬と歩けばあなたの心が元気になるのです。
そればかりではありません。毎日歩くことは、あまり歩かない人の日常に比べて体の健康に良いはずです。体力増強、骨粗しょう症予防、衰えがちな筋肉の運動に、肺や心臓の適度な刺激に、と犬と歩けば自然なかたちで健康増進となります。 四季の移り変わりを肌で感じながら、心と体にゆとりと、心地良い刺激を与えてくれる愛犬との散歩。犬のためにしかたなく散歩に行くなんて、こんなもったいないことはありませんよね。


とっておきの芸を工夫して教えるのも楽しい!
「大井エンビ」くんのバンザイ
家族と歩くと、犬は「いいコ」になります
犬の散歩は、犬にオシッコとウンチをさせるためと思っていませんか?と〜んでもない!犬にとって、家族といっしょに外出することほどすばらしいことはありません。以下にその効能効果を上げてみましょう。
1. 適度な運動ができて、ストレスが解消されます
2. 心の刺激となって、イキイキした犬になります。
3. 犬が家族以外の人間を見たり、家庭以外の人間の営みを見たりできる唯一の時間ですから、毎日いろんな所に連れて行かれる犬ほど人間社会を体験でき、ストレスに強い犬に育って行きます。(注・「ストレスに強い犬」とは、ちょっと変わった場所や音や人間やといった外界の刺激に対して、落ち着いていられる犬のこと)
4. 犬の困った行動が少なくなります。運動不足、ストレス過剰、たいくつなどが原因の愛犬の困った行動は、毎日の散歩によって解消できることがよくあります。
5. 他の犬との出会いや遊びができて、犬は他の犬に対して寛容になり、ストレス解消になり、いい意味で自信に満ちた明るい犬になります。
6. 外出の先々でドッグトレーニングをすると、愛犬はどこででもあなたのいうことが聞ける信頼できる犬に育っていきます。
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.