日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
ドックライフアドバイス しつけ index
PART1 犬と楽しく外出しましょう
PART1(18) いつもの散歩道でウエーブを描いて歩きましょう
1. まっすぐ歩くのは人間だけ!?
一説では、道を目的地に向かってまっすぐ直進でいつも歩く動物は人間だけだといいます。そういえば、犬を自由に歩かせると、あちこち匂いをかぎながら寄り道しながらジグザグの足跡を残していきますね。ただまっすぐ歩くことは、めったになさそうです。あなたと愛犬の散歩は、どんな歩き方でしょう。エッ?前進あるのみ、ですか。それならたまにはウエーブを描きながら、楽しく歩いてみませんか?散歩がおもしろくなり、人と犬の絆を深めるのにも役に立ちます。
2. 遊びですから、楽しくね
ドッグトレーニングをしている人なら、愛犬とウエーブを描きながら歩くことが、結構難しいことを知っています。でもここでは堅苦しい決まりは忘れて、散歩中にポールや車止めの棒が何本も立っている場所があったら、その間を、1本づつウエーブを描きながら犬と歩いていくには、どうすればできるか?それを遊び心でチャレンジしてみましょう。
  愛犬を左側につけます
  ポールの間をウエーブを描いて
  1本づつ、愛犬と歩きます
  愛犬に声かけをして
  歩きながらフードを与え
  「そうそう」と励ましながら
  ウエーブを描いて歩いていきます
3. うまく出来ない人はフードで釣りながら歩きます
なかなかうまくウエーブを描いて歩けないときは、フードを手に持って、それをなるべく犬の鼻にくっつけるように(ただし食べられてしまわないように)して持ちながら、ウエーブが描けるように犬を操っていきます。
  手にフードを持っていることを犬に教え
  フードにつられてついてくる犬に、ウエーブを描かせて
  1本づつポールの間を歩きます。最後に手のフードを犬に与えます
4. くぐれますか?
人間にとってどうってことのないことなのに、犬がなかなかできないことがあったりして、散歩中にびっくりすることがあります。
たとえば犬の体高よりうんと高い位置の車止めの間をくぐらせようとしたら、それまで歩いていた愛犬が踏ん張って前に歩かなくなったり。こんなときは、どうしていますか?あきらめてさけて通るより、なんなくくぐれるように教えてあげるほうが、犬はいろんな意味で自信がつき、さまざま環境に置かれてもパニックにならずにすみます。
  アッツ、なんだか通りたくないなあ…(怪しい雰囲気があるみたいで不安)
  ほ〜ら、ワッハ。おいしいフードがここにあるよ
  あ、うまそう(ついフードに引き寄せられ)
  いつフードがもらえるかなあ…(すっかり不安が消えて、車止めをくぐっていたワッハです)
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.