日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
ドックライフアドバイス しつけ index
PART1 犬と楽しく外出しましょう
PART1(21) 犬のお友だちの家に、愛犬を連れて遊びに行きましょう
1. 親しき仲にも、礼儀あり。訪問グッズを忘れないでね
親しい犬のお友だちの家に初めて愛犬連れで訪問するとき、外でいつも会っているからと、不用意に訪問するのは、考えものです。相手の犬がテリトリーの防衛本能が強い性向かもしれませんし、各家庭、それぞれに犬との室内での暮らしのルールが異なりますし、犬の毛や泥で室内が汚れてうれしい人はいません。友だちとの関係を友好的に保つためにも、親しい友人宅といえども、公共の施設に愛犬を連れて行くときと同じ気持ちで、お互いの犬でいやな気持ちにならないよう、また訪問先で迷惑にならないよう、道具もマナーも用意万端で訪問しましょう。ここでは、最低限、持って行くと便利な道具類をご紹介しましょう。
2. 排泄のそそう、もしものとき用のグッズ
ペットシート
犬は知らない環境にいるときや、興奮すると、排泄リズムがいつもより早くなるものです。他人の家への初めての訪問は、犬にとってかなり興奮します。おもらしの危険は、どんな犬にもありますので、愛犬の様子をいつも見ていて、必要ならすぐに屋外で排泄をさせてやってください。
注意していたにもかかわらず、友人宅で愛犬がそそうをしたときには、すばやく排泄物を吸収できるペットシートはとても重宝します。
マナーベルト
オス犬用。自宅内でマーキングをしたことがある愛犬を連れて友人宅を訪問する人におすすめなのが、マナーベルトです。布製のベルトタイプのもので、中にポケットがあります。この中に吸水性のあるシートと犬のオチンチンを差し込んで腹巻のように犬の体に巻きつけます。これだと、マーキングをしてもマナーベルトの中でするため、室内を汚さず、安心して友人とお茶を飲むことができます。
3. 外の汚れを室内に持ち込まないように、足ふきタオル
友人宅へあがる前に、愛犬の足の裏はきれいにふきましょう。小さなタオル1枚あるだけで、それ以外にも、犬のよだれ、水を飲んで床をぬらしたときなどなどに、友人に迷惑をかけずにふくことができます。
4. 神経質な愛犬のために、水のみの器とトレー
神経質な犬は、器や環境がちがうと水を飲まないことがあります。念のため、愛犬用のいつも使用している水のみの器を持って行くと、安心です。できれば器の下に敷く防水トレーも持参すると、床を濡らす心配はありません。
5. 犬をうろうろさせないで、一定の場所でふせをさせておくためのコングとナイラボーン
これはゴム製でできた、コングと呼ばれる犬のおもちゃです。中が空洞になっているので、その中に愛犬の好きな食べ物をつめておきます。
フードをつめる前に、コングの入り口から紐を通します。こうすればテーブルの足に紐で縛ってコングを固定することができ、訪問先で愛犬を傍若無人にウロウロさせないで、テーブルの下でおとなしくコングをかじっていられるようにできます。
  これは、犬がかじるためのナイラボーンと呼ばれるおもちゃです。フードをつめたコングに比べ、犬を一定の場所でおとなしくさせておく道具としては威力が低いかもしれませんが、コングを与えるとよけいに凶暴になる犬やコングよりこっちのほうが好きな犬には、おすすめです。
★ どちらも使用上の注意があります。詳しくはPART1(22)で説明します。
6. リードは予備に持っていると安心
何かの拍子にリードが汚れたり、リードをかじってしまったとき用に、予備のリードを1本余分にもっているといいでしょう。
7. 抜け毛が気になる場合は洋服を着せる
換毛期やシャンプーしたての時期は、どうしても愛犬の抜け毛は多いもの。気になる場合は、Tシャツや犬専用の洋服を着せて訪問すると、ある程度抜け毛予防になり、友だち宅への配慮ができます。
8. 抜け毛予防や、犬を一定の場所にとどまらせるためにマットを
愛犬がふせをしてくつろいでもはみ出ないサイズのマットは、抜け毛の予防になったり、愛犬を一定の場所で落ち着かせたりするのに、必需品です。この上でコングやナイラボーンを与え、食べかすなどを床に直接こぼさないようしたいものです。
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.