日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
ドックライフアドバイス しつけ index
PART1 犬と楽しく外出しましょう
PART1(25-2) 仲間意識を高めるゲームをしてみませんか?
10. 犬同士が友だちになったら、今度はさらに互いの仲間意識を高めゲームをすると、今度会ったときには、お互いリラックスしてあいさつができる犬になります。ここでは2つご紹介しましょう。
11. 一列になって木の間をぐるぐる歩きます
先頭のマリンちゃんの後ろから2組が続きます。

木の間をくぐりながら歩いていきます。

くぐり終わったら、また最初のスタート地点へと戻ります。

ソラ君も続きます。

エンビ君も続きます。

この後先頭はソラ君に代わり、終わったら次はエンビ君が先頭となって同じコースを歩きます。先頭が順番に変ること、歩くコースが直線ではなく曲線であることが、仲間意識をリラックスして高めていくコツなのです。
12. だるまさんが、転んだ!
おなじみ「だるまさんが、転んだ」遊びを、犬同士の仲間意識を高めるゲームとして活用します。

最初に鬼が、犬の静止状態の姿勢を指示します。「ふせですよ」。続いて鬼が「だるまさんが転んだ!」と叫びます。
それを合図に、一直線で待機していた3組が鬼の背中に向かって走ります。

鬼が叫び終わり、振り向いたときに、「ふせ」で静止していた犬は次にすすめます。でもそれまでに「ふせ」ができない犬は失格です。

静止姿勢は「おすわり」「たて」「だっこ」など色々に変えてゲームを盛り上げ、勝敗は犬たち全員が失格になると鬼の勝ち、ゲーム中に飼い主が鬼の背中をたたくことができたら、犬たちの勝ちとなります。
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.