日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース

概要
概要
組織と制度
展覧会
展覧会のご案内
スケジュール
レポート
2004年のチャンプたち
2005年のチャンプたち
2006年のチャンプたち
2007年のチャンプたち
入会・登録
入会・血統書発行について
登録用紙一覧
会報誌、パートナー犬
連載もの
バックナンバー

おたより募集
バックナンバー

2004年 9.10月号もくじ
ホットインタビュー
「12年前に初めて飼った犬、拾った犬、売れ残ってた犬たち・・・」
うじき つよし さん
エッセイ第17回 さくらと風子
「抗議の声」 武田 万樹
「私流 犬の見方」 吉澤 英生
第13回/トイ・プードル
利岡裕子の『いぬはなにを考えているの?』
連載32・家族の死
ワンコ見聞録「西荻動物紳士録」
第11回 安川明男
KC<Japan> 犬舎号登録報告(167)
KC<ジャパン>ニュー・チャンピオン公示
NPO法人新規定制定に向けて
新ドックショーシステム/組織改革とブロック活性化
/審査員規定改定/若手スタッフ育成研修/
登録規定改定/公認訓練士アイテム紹介
KCジャパン公認加盟クラブ一覧
ハチから一言 Part.68 山本智弘
情報スクランブル
訓練合格犬/公認資格取得/
ショー・スケジュール/編集後記
犬のおまわりさん活動報告
バンダナ・グッズ申込用紙
●ショー・レポート
第11回愛媛ドッグファミリークラブ全犬種展

---うじきさんは「犬好き」で有名ですが、ずっと犬が好きだったのですか?
あれは、1992年の8月からです。
---え? それ以前は?
嫌いではありませんでしたけど、家でも飼ってなかったし、飼う機会も全くありませんでした。このとき初めて犬と暮らしたのです。
---どうして、犬と暮らすことに?
ちょうどお盆の頃、帰宅したら家の玄関の前に、ぼろぼろのハスキーがいたんです。
その頃は、ハスキー犬自体知らなかったから、「なんだかずいぶん大きな犬だ」「なんで目が青いんだろう」と思いました(笑)。
---ぼろぼろだった??
もうへばっていましたから、家に入れて水を飲ませ、牛乳も飲んだ。食パンも食べちゃって、どこかに行く様子もない。そのまま泊めて、翌朝になって近所の犬好きの人たちに聞いたら、「どこそこのルビーという犬だ」と、すぐ分かりました。わりと近くの家でした。犬をつなぎっぱなしのまま、郷里に帰っちゃったみたいです。
---あら、ちょっとひどいですねぇ。
飼い主の方が戻られて、「預かっていました」と、ルビーを返しに行きました。でも、どんな風に暮らしているのかなぁと思うと、矢も楯もたまらなくなって(笑)、飼い主をなだめすかしたり、持ち上げたり、脅しも混ぜたりしながら譲り受けました。
---すごい! 真正面から交渉して譲ってもらったのですね。
大きな犬ですから、持て余していた部分もあったんじゃないかと思います。
<抜粋>
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集
Copyright(c)2004-2019 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.