日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース

概要
概要
組織と制度
展覧会
展覧会のご案内
スケジュール
レポート
2004年のチャンプたち
2005年のチャンプたち
2006年のチャンプたち
2007年のチャンプたち
入会・登録
入会・血統書発行について
登録用紙一覧
会報誌、パートナー犬
連載もの
バックナンバー

おたより募集
バックナンバー

2005年 5.6月号もくじ
ホットインタビュー
「120gで生まれた 小小夏(ココナツ)を、史奈紋(シナモン)と二人で育てました」
川島 なお美さん
エッセイ第21回 さくらと風子
「チビ太の死」 武田 万樹
「私流 犬の見方」 吉澤 英生
第17回/パグ
利岡裕子の『いぬはなにを考えているの?』
連載36・噛む犬
ワンコ見聞録「西荻動物紳士録」
第15回 安川明男
事務局からのお知らせ
ドッグ・ショーの新システムについて
<その2><その3> 三国壱丸
17年度加盟クラブ一覧
KC〈ジャパン〉ニュー・チャンピオン公示
ショー・スケジュール/訓練合格犬
『犬のおまわりさん』 お知らせ
バンダナ・グッズ申込用紙
『犬のおまわりさん』活動報告/編集後記
●ショー・レポート
第49回関東ブロックKC全犬種展

○愛犬・史奈紋ちゃんとの出会いは衝撃的だった!
---川島さんのワンコ好きは超有名ですが、愛犬の史奈紋ちゃんと初めて会ったときの印象は?
初めて出会った瞬間、もう「かわいい!」って言葉を、無意識に言ってた。衝撃的なかわいさでした。
その頃の私は犬が好きでしたが、自分で飼うという発想は全然ありませんでした。ペット不可のマンションでしたし、「独身の女優がワンちゃん飼うと、いよいよお嫁に行けなくなる」と、おどかされていましたし(笑)。
それが5年前の2月、私がテレビドラマ「月下の棋士」の女流棋士役をやっていた時に、一緒に仕事をしていたプロデューサーさんが、楽屋に大きなバッグをかかえてきたんです。「対局シーンに備えて本物の将棋盤で練習したらいいよ」っておっしゃっていたから、私はてっきり将棋盤が入っていると思ったら、「この子の名づけ親になって」と、開けた袋から子犬がジャンプして出てきた! かわいくて、まるでシナモンスティックそっくりの色と形…「これは、シナモン!」とピンときました。出会った瞬間に『シナモン』の名前が決まっていたんです。

○しばらく預かってるうちに…
---初めは川島さんが飼い主じゃなかった?!
ええ。プロデューサーの方が忙しく、よくあちこちに預けていて私もたまに預かってましたが、点々と預けられるのがかわいそうで「じゃ、私がしばらく預かるわ」って言った…。
---あら、史奈紋ちゃん、ラッキー!
そしたら、もうどんどん、このかわいさに魅せられていって、私も母性が芽生えて、手放せなくなって……2ヶ月ほど経って「そろそろ、返してもらおうかな」と言われたときは、「もう返しません。この娘は、『川島史奈紋』です」って、渡せなかったんです(笑)。
---2ヶ月で、「預かる」が「手放せない」に変化しちゃった!
どうしてかな…。私の腕で安心しきって、ここに(と、細っそりした腕の内側に手のひらを当てながら)鼻の先を預けながらスヤスヤ眠っちゃったのを見たとき、そんな経験初めてでした。こんなに小っちゃな生き物が自分の腕の中で息をしてる、安心しきって寝ている。天使みたい…と思いながら、見ていました。
<抜粋>


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集
Copyright(c)2004-2019 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.