日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース

概要
概要
組織と制度
展覧会
展覧会のご案内
スケジュール
レポート
2011-12年のチャンプたち
2013年のチャンプたち
2014年のチャンプたち
2015年のチャンプたち
2016年のチャンプたち
2017年のチャンプたち
入会・登録
入会・血統書発行について
登録用紙一覧
会報誌、パートナー犬
最新号
バックナンバー

おたより募集
バックナンバー

2011年 涼秋号もくじ
東日本大震災義援金ありがとうございます
平成23年度通常総会及び理事会報告
推薦ブックガイド/愛犬ラブから奇跡の贈り物
犬のおまわりさんパトロール報告
いぬはなにを考えているの? 第70回東日本大震災と犬①/利岡裕子
私流 犬の見方 第50回ミニチュア・シュナウザー(2)/吉澤英生
My Precious Clubインフォメーション
18 KCUAグルーミング試験 in シンガポール/野上耕一
犬のおまわりさんトピックス「平塚の七夕まつりの参加」

いぬはなにを考えているの?
連載70 東日本大震災と犬① はじまり

文:利岡裕子

●みなさん、ご無事ですか?
 3月11日、私はテレビに釘づけになっていました。画面に映し出される津波の猛威に、それが現実のことと受け止められず、「うそでしょう?」とつぶやいたまま、ただ、ただ息を飲んでみていました。
 この瞬間に、犬たちがどうなったか、真っ先に心配した人はいたのでしょうか?
茫然自失の私には、残念ながら思い至りませんでした。
そんな私の横っ面をはり倒すような1通のメールが、その夜、届きました。
 「みなさん、ご無事ですか?」
 それは私が認定を受けた団体の、家庭犬しつけインストラクターのメーリングリストで、リーダー格の栃木県のK獣医師から送られてきたメールでした。
 電気が回復してすぐに、K獣医師は真っ先に全国の仲間の安否確認を、そして被災したペットたちの現状を気づかっていました。
 私は、ハッとしました。
 まがりなりにも犬のしつけ指導員を仕事としている自分が、こんなときに役に立てなくてどうする?K獣医師のメールは、自分の生かすべく能力を思い出させる力がありました。
 「被災ペットたちを助けなければ」。
今思い起こせば、K獣医師のメールで感化された私は、あきれるほど尊大な思いに駆り立てられていました。

<抜粋>


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集
Copyright(c)2004-2019 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.