日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース

概要
概要
組織と制度
展覧会
展覧会のご案内
スケジュール
レポート
2011-12年のチャンプたち
2013年のチャンプたち
2014年のチャンプたち
2015年のチャンプたち
2016年のチャンプたち
2017年のチャンプたち
入会・登録
入会・血統書発行について
登録用紙一覧
会報誌、パートナー犬
最新号
バックナンバー

おたより募集
バックナンバー

2012年 爽春号もくじ
年頭所感
豆柴登録が変わります 豆柴認定に関するご案内
[改正] 豆柴登録規定 [改正] 豆柴登録手順
犬のおまわりさんパトロール報告
いぬはなにを考えているの?
第71回東日本大震災と犬②/利岡裕子
るん!るん!ドッグラン!
新しい年を迎えペット保険について考える
私流 犬の見方 第51回ケアン・テリア/吉澤英生
My Precious Clubインフォメーション
農林水産省消費・安全局動物衛生課からのお知らせ
第4回ハッピーアイドルドッグショー

豆柴登録が変わります

公認から3年余の月日が経過し、豆柴犬種の純化固定という目的の達成に大いに近づいていると判断し、犬種「豆柴」を以下のとおりに定めることとします。

一、豆柴と豆柴の一胎子は「豆柴」の血統書を発行
犬種「豆柴」同士の交配による一胎子については、犬種「豆柴」として血統書(毛色欄に(未審査)と記載)を発行することができます。但し、生後12ヶ月経過後に必ず豆柴認定審査を受けることを義務とします。(審査を受け、血統書毛色欄に(○cm)という体高の記載が入る)

二、父犬、母犬、祖父母犬の二代祖6頭が豆柴認定犬である場合、本犬は条件付きで犬種「豆柴」の血統書を発行
三代祖血統書上の二代祖(父犬、母犬、祖父母犬)6頭の祖先犬(血統書の系統図で犬名の頭に1~6の番号が付されている犬)が認定審査に合格している場合には、犬種「豆柴」として血統書を発行することが可能です。(「犬種変更」の手続きが必要です─下記の重要なお知らせ参照)但し、生後12ヶ月経過後に必ず豆柴認定審査を受けることを義務とします。

三、犬種「豆柴」の繁殖には、両親犬が豆柴認定審査に合格していることが条件。不合格犬による繁殖は認めない
犬種「豆柴」の繁殖に用いる父犬、母犬の両親犬については、どちらも豆柴認定審査に合格して血統書の毛色欄に(○cm)という体高が記載されていることが必須条件となります。父犬、母犬のいずれか若しくは両方が、豆柴認定試験に不合格の場合、一胎子(子犬)の血統書を犬種「豆柴」で発行できません。犬種「豆柴」の繁殖を希望する方は、両親犬に豆柴認定審査を必ず受けさせるようにしてください。

<抜粋>


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.