日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
KCJニュース
 全国会議員に民間活用による防犯ボランティア参加呼びかけを提言
昨年暮れに連続して起こった幼少年への犯罪防止対策として、当協会名誉会長参議委員議員風間昶より、小泉首相をはじめとする全国会議員に宛に民間活用による防犯ボランティアへの協力呼びかけを提言しました。
通学路の犯罪から子供の命を守るボランティア民間活用のご提案(抜粋)
当協会は全国の愛犬家に呼びかけ、愛犬にバンダナを着用して学童の通学路をパトロールする地域防犯ボランティア「犬のおまわりさん」を全国展開し、平成17年12月現在、全国でおよそ5万頭の犬と愛犬家が参加している最大のネットワークです。・・・しかしながら、今年の暮れの事件の続発は、もはや国家的緊急事態であり、通学路の犯罪から子供の命を守る事は、一刻の猶予も有りません。子供を学校に通わせている親にとっては何をおいても早急に対策を講じてほしい最大の心配ごとです。
平成16年度厚生省統計資料に依ると、全国には鑑札を受けている犬が6,084,731頭います。一人でも多くの愛犬家の方に参加して戴く事で、犯罪を未然に防ぐ一助となる事を確信しております。・・・
 顔を覚え、声を掛け合う。地域の子供は自分たちで守る。犯罪者を寄せ付けない環境作り、地域コミュニティの復活こそが対策の決め手になると思います。
 続発する子供に対する犯罪を防止する事は国家的急務であるとの認識に立ち、国民の命とくらしを守る国会議員の責務として、皆様のお力を結集し、超党派で防犯ボランティア活動参加の呼びかけにご協力を戴けますよう全国会議員の皆様に同趣旨のご協力のお願いをお送りしています。

こうした提言は当協会だけでは無いと思いますが、要望に対し、首相官邸ホームページでは「キッズルーム犯罪から身を守ろう」で子供達に向けた防犯の呼びかけを、また、小泉内閣メールマガジン1月12日号では国家公安委員長、沓掛哲男国務大臣が「自分たちのまちは自分たちで守ろう」との気持ちを一つにして地域ぐるみでの取り組みを呼びかけています。
キッズルーム「犯罪から身を守ろう」
http://www.kantei.go.jp/jp/kids/magazine/0311/5_0_index.html
小泉内閣メールマガジン1月12日号
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2006/0112.html

サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.