日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
話題の犬種 標準所を読もう! 豆柴ガイド
豆柴とは
犬種群 日本犬G(日本犬グループ)
原産国 日本
サイズ 体高♂30〜34cm
♀28〜32cm
豆柴は、日本人が古くから愛し続け育成してきた柴犬を、現代の生活環境に順応させるために、体型の小さい柴犬を選んで何代にもわたって交配して作出された犬です。
小さな柴犬は昔から存在した!?
小さな柴犬は、山岳部の猟師たちによって、ウサギ、テン、ムジナ(穴熊)、タヌキ、キツネなどの小動物の狩猟犬として用いられ、今から60年以上前、第二次世界大戦前までは、日本各地の山間部の農猟兼業農家で飼われていたと言われています。
柴犬と豆柴の違い
豆柴は、見た目は、先祖犬である柴犬と同じですが、一目でわかる違いはやはり大きさ。体高を比べてみると、柴犬は牡38〜41cm、牝35〜38cmですが、豆柴は牡30〜34cm、牝28〜32cm。(すべて成犬時)柴犬を見慣れている目で見ると、小ささを実感します。
「豆柴」という犬種
小さくて可愛い。家の中で飼うことができるなどの理由から、最近豆柴を飼う人が増えています。ペットショップでも犬種「豆柴」として販売されているのを数多く見かけますが、これまでは「豆柴」という犬種は認められていなかったので、犬種「豆柴」という血統書はありませんでした。
世界初!KCジャパンが豆柴を公認
犬種が認められず、犬種標準〈スタンダード〉がないままの状態で繁殖・販売が行われているため、さまざまな問題が生じています。そこで、KCジャパンでは"豆柴はかくあるべき"という理想像を描いたスタンダードをつくり、血統書発行団体として、世界で初めて豆柴を公認しました。
ワンポイント・スタンダード
柴犬の特徴を著しく受け継いでおり、素朴で気品に満ち主人に忠実。柴犬の精悍な表情に比べ、豆柴の顔貌はその体格に似合う愛らしい表現が、また、小型家庭犬として明るくフレンドリーな性格が求められています。
話題の犬種一覧へ


繧オ繧、繝医槭ャ繝縺翫◆繧医j蜍滄寔縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ繝ェ繝ウ繧ッ髮
Copyright(c)2004-2018 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.