日本社会福祉愛犬協会 日本社会福祉愛犬協会
HOME 子どもの通学路を守ろう 人と動物が共存できる社会創ろう 生活シーンで学ぶ しつけ 話題の犬種 ドックライフアドバイス うちの子自慢 KCJニュース
スタンダード 標準書を読もう! 話題の犬種
世界初!犬種豆柴の血統書を発行!
KCジャパン豆柴公認とスタンダード公示
豆柴の現況と公認の経緯
立ち耳、巻尾の日本犬は石器時代の土偶の出土からもわかるように太古の昔から日本人と共に暮らしてきた日本古来の犬です。島国である日本は、全国各地に風土に根ざした特徴を持った"地犬"といわれる大きさもまちまちの犬たちを生み出しました。柴犬という呼称は大正時代から使われだした小さい地犬たちの総称だった様です。
昭和9年に社団法人日本犬保存会が大型、中型、小型に分類した日本犬標準を公表し、柴犬は体高雄38〜41 cm雌35〜38cmの小型に分類されました。昭和11年には天然記念物に指定され、今日までその標準に沿った繁殖が行われ優れた犬たちが作出されて来ました。
しかし、そうした流れの中で標準に外れたことで残念ながら絶滅した犬種もあり、太古の柴犬への復元や新しい犬種への取り組みもなされてきました。
小さな柴犬は第二次大戦前までは、日本各地の山間部の農猟兼業農家で飼われていました。また、山岳部の猟師は鉄砲を使わない小物穴獣(兎、テン、ムジナ、狸、狐)の猟犬として実猟に使っていました。戦時中に絶滅したものと思われましたが、昭和40年代の雑誌「狩猟界」には、愛知の繁殖家が穴熊イタチなどの穴モグリ猟用の小型柴犬(成犬体高九寸〜一尺:およそ27〜30cm)を販売している広告があります。
豆柴は昭和25年頃から京都の柴犬愛好家が「樽井荘」の犬舎号で標準より小さな柴犬を豆柴の名称で繁殖に取り組んだのが始まりで、およそ半世紀以上の作出の歴史があります。平成3年頃から新聞、雑誌、テレビなどメディアに取り上げられブームになったことから豆柴の名称は広く知られる様になったのですが、高額で販売される事から、他犬種との交雑や幼犬期の給餌制限による栄養不良、成犬になって大きくなってしまうなど、俄繁殖家による不正な繁殖や販売時の表示や説明が解りにくいなど問題になっており、公正取引委員会も平成20年6月に実態調査報告書(11ページ参照)を公開しています。血統証書についても日本犬保存会では日本犬標準のサイズ基準外の豆柴を公認することはありませんと表明しています。全犬種血統発行団体の社団法人ジャパンケネルクラブも豆柴を認めていません。ところが豆柴は公認する法人団体が無いため当協会も含めてそれぞれの団体の「柴犬」として血統証書が発行される一方で、繁殖家個々の基準で「豆柴」として販売されるという矛盾が生じ混乱を招いていました。 血統書上柴犬であることから柴犬との交雑もあり、このままでは柴犬の矮小化にも繋がることも危惧されます。
当協会では飼育環境の変化(室内飼い志向・飼育者の高齢化・小型愛玩犬ブーム、そしてペットからコンパニオン・アニマルへの意識改革)、豆柴の名称の定着度などから豆柴公認は時代の要請でもあると判断し、5年前に樽井荘系列の犬を基礎犬としておよそ30年間(当時)に及ぶ系統繁殖を続けてきた西山重幸氏(現当協会理事)の豆柴犬舎「摂州宝山荘」の加盟を得て、繁殖管理と純化固定を調査してきました。その結果、完成度の高い個体が安定して作出される事を確信しましたので、犬種標準(スタンダード)を公示し、豆柴を公認するに至りました。成犬時に全犬を審査する「認定制度」による繁殖管理を徹底することで豆柴の犬種の純化固定を推進すると共に、犬種を区分して交配を制限することで柴犬の矮小化にも歯止めを掛ける所存です。
全国の豆柴愛好家、豆柴繁殖者の方には、これを機に自らの理想の作出タイプを追求することで、KCジャパンの新公認犬種「豆柴」の確立にご参加ご協力をお願いいたします。
豆柴犬種標準書〈スタンダード〉

詳しくはコチラ
STANDARDS OF THE BREEDS NON SPORTING GROUP
(英語版豆柴犬種標準書〈スタンダード〉)


詳しくはコチラ
豆柴登録規定

詳しくはコチラ
豆柴登録手順

詳しくはコチラ
戻る


サイトマップおたより募集このサイトについてリンク集

Copyright(c)2004 The Kennel Club of Japan,All Rights reserved.